日傘の寿命と選び方!あなたの日傘は大丈夫?

日傘の寿命と選び方

「日傘」は紫外線防止にもなり、アンチエイジングにも効果的なので積極的に取り入れたいアイテムの一つです。

そんな「日傘」ですが、実は意外と寿命が短いんです!

知らず知らずのうちに、あなたのお使いの日傘が「役立たず」になっているかもしれません。

このページでは、日傘の寿命や、日傘の選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

日傘に何を求めるかで、選び方も変わってきますので日傘をまだ持っていない方はもちろん、買い替えの参考にどうぞ。

日傘の寿命

日傘の寿命

UVカット加工の日傘の場合

「UVカット加工」されている日傘の寿命は約3年と言われています。

「えっ?3年?まだまだ使えそうだけど?」と思うかもしれません。

しかし、一般的なUVカット加工の日傘は、紫外線反射剤、紫外線吸収剤等を塗布(コーティング)して紫外線を防いでいるため、経年劣化や摩擦によりコーティングが徐々に剥がれ落ち、紫外線カット率が低下してしまいます。

特に折りたたみタイプの日傘は、開け閉めの摩擦で長傘に比べて摩耗が早いんだとか。

UVカット効果が低下していることに気づかず、そのまま日傘を使用し続けていると・・・

そうです!知らず知らずのうちにお肌が紫外線の影響をモロに受けてシミなどの肌トラブルの原因に!

また、日傘の扱い方やお手入れ次第ではこの3年という期間が更に短くなります。

きちんと紫外線を防ぎたいのなら、余裕を持って、1〜2年程度で買い替えを検討した方が良さそうですね。

参照元:サンバリア日傘ブロク【サンバリア100公式サイト】

応急処置としてUVスプレーを

「最近、日傘を差しているはずなのに日焼けする」などと感じている方は、傘の買い替え時期かもしれません。

いまお使いの日傘がいつ頃購入したものなのか思い返してみてください。

もう購入して何年も経過している場合は、新しい日傘を購入するまでの応急処置としてUVスプレーをかけておきましょう。

半永久的に使える日傘もある

一方、生地の素材や構造にこだわり、半永久的に(生地が破れない限り)効果が続くとうたっている日傘もあります。

「サンバリア100 」や「芦屋ロサブラン」などが有名でしょうか。

そのような日傘は、寿命が長い反面、価格が高いというデメリットがあります。

2千円~3千円程度の日傘を定期的に買い換えるか、高い値段を出して寿命の長い日傘を長年愛用していくか、ご自分のお好みで選ぶと良いですね!

芦屋ロサブランの購入レビューはこちら

飽きっぽい方は、定期的に買いかえて、色々なデザインを楽しむのも良いでしょう。

参照元①:【サンバリア100公式サイト】

参照元②:【芦屋ロサブラン公式サイト】

寿命を延ばすコツ

長持ちさせるコツは、畳むときになるべく生地を触らないこと。

また日傘のコーティングは、ハンドクリームや日焼け止めクリーム等の脂に弱いので注意です。

では次に、日傘を選ぶポイントを詳しく解説していきます!

日傘の選び方

日傘の選び方

日傘に何を求めるか

まず、自分が日傘にどの様な機能を求めるかを考えてみましょう。

  1. 日焼け、シミを防止したい!・・・・UVカット率(紫外線遮蔽率)に注目!
  2. 暑さ対策もしたい!・・・遮光率に注目!

1.日焼け、シミの予防なら

日焼け、シミの防止が目的で日傘を選ぶのであれば、「UVカット率(紫外線遮蔽率)」に着目しましょう。

UVカット率(紫外線遮蔽率)が高いほど紫外線をカットしています。

また、生地の厚い日傘ほど、より紫外線をカットできます。

数値が明確なものを選ぶ

「UVカット」と書かれている製品には色々ありますが、実際に効果があるもの、従来品と変わらないのにUVカットと書かれているもの(←ガッカリ!!)などもあるので選ぶ際には注意が必要です。

紫外線対策に重点を置くならばきちんと「UVカット率(紫外線遮蔽率)99%以上」などの具体的な数値が表示されているものを選ぶようにしてください。

また、「遮光」と表示されている商品はUVカットも99%以上あると考えて良いと思いますが、「UVカット99%以上・遮光率99%以上」などと両方の数値が明示されているものを選ぶとより安心ですね。

参照元:【北海道立消費生活センター】

UPFも選ぶ目安に

最近見かけるUPF(Ultraviolet Protection Factor)とは、紫外線防止指数で、どのくらい、日焼けを防ぐのかを示した値です。

素肌の時に比べて、布でどのくらい日焼けによる影響を低減させているかを表し、UPF値が高いほど、日焼け防止効果が高くなります。

UPF 50と記載されていた場合、影響度1/50ということです。

UPF50の表示は、何も肌につけていない状態では15分間で日焼けする日差しを、15分×50(UPF値)=約750分間(12時間30分間)浴び続けないと同程度の日焼けをしないということを意味しています。

引用元:Q. UPF値とは?【BOKEN】

ちなみに、MAX値はUPF50+。(UPF50以上は全てUPF50+と表記される)

日傘にも書かれている場合がありますので、選ぶ際の1つの目安にすると良いでしょう。

2.暑さ対策にも使いたい

2.暑さ対策にも使いたい
暑さ対策としても使いたい場合は、「遮光加工」と書かれている日傘を選びましょう。

遮光加工されている傘は、「紫外線」だけでなく「太陽光」を遮る仕様になっていて、傘の内部の温度が上がりにくくなっています。

遮光率が高ければ高いほど陰が濃くなります。

遮光マークも選ぶ目安に

日本洋傘振興協議会では、

  • 遮光率が99%以上の生地を使用した傘を「遮光傘」
  • 遮光率が99.99%以上の生地を「1級遮光生地」

と呼び、一部の商品を除いて遮光マークや呼称を表示できると定められています。

遮光性を重視する場合、このマークも日傘を選ぶ際の目安の1つにすると良いでしょう。

遮光マークを見たい方はコチラ↓
参照元:遮光マークについて【日本洋傘振興協議会】

ちなみに、この基準はあくまでも「傘の生地」の遮光率の基準であり、「傘自体」の遮光率について定めたものではありません。

ですので、生地自体の性能が「遮光率100%」だとしても、傘へ加工していく過程により、多少遮光率は変わると考えられます。

刺繍の多いデザインの傘などは、その分針穴が多く、光の漏れが多いと考えられるため、遮光率重視の方は、極力シンプルなデザインを選んだほうが良いかもしれませんね。

また、全ての傘のメーカーが「日本洋傘振興協議会」の会員になっているわけではありません。

なので 遮光率の根拠となる情報(証明書など)を、ホームページの製品などできちんと開示している日傘を選ぶと安心です。

参照元:日傘の遮光表示に決まりはあるの?【公益社団法人日本広告審査機構】

遮光にはデメリットも

夏場は遮光性がある日傘の方が涼しく感じられますが、まだ肌寒い時期に、遮光率にこだわった日傘を差すと、「日の光を感じられずに寒い」というデメリットがあります。

「真夏」「春秋」に分けて、2種類の日傘を用意出来れば一番良いですが、日傘を2本持つのには抵抗がある方も多いでしょう。

ご自分の使用頻度やライフスタイルに合わせて、遮光性重視にするか、普通のUV加工がされた日傘にするかを選びましょう。

生地の色はやっぱり黒?

生地の色はやっぱり黒?

UVカットされている傘の場合

例えば、

  • 黒い日傘・・・UVカット率99%
  • 白い日傘・・・UVカット率99%

と書かれていて色で迷った場合、好きな色を選んでOKです!

黒い日傘の方が、紫外線カットをしてくれるイメージが強いですが、色に関係なく、表示されている紫外線カット率はきちんと満たしているはずです。

生地の色は関係ありませんのでご安心を!!

ただし、生地の色として、「黒」の方がUVカットの効果があるのは確かです。

◯%という表示がない場合に色で迷ったら、黒を選んでおいたほうが間違いがないでしょう。

参照元:【北海道立消費生活センター】

UV加工や遮光加工されていない場合

熱に関して考えれば、黒などの濃い色の生地は熱を吸収するため、生地自体が熱くなりがちです。

白やシルバー色の生地なら、熱を反射するので涼しく過ごしやすいでしょう。

大切なのは裏側の生地

傘の裏側の生地に関しては、黒や濃い色を選ぶのが正解です。

白やシルバーなどの光沢のあるコーティングが日傘の内側にあると、紫外線の照り返しで、紫外線が反射し、余計に紫外線を浴びてしまう恐れがあります。

内側の色にはこだわりましょう。

日傘の素材について

日傘の生地は、綿、麻、絹などが涼しくて、ポリエステルは暑いとよく言われます。

しかし、これは「ポリエステルだから暑い」とは一概には言えません。

実際に、日傘で口コミ、評判の良い「サンバリア100」 では生地にポリエステルを使用していますが、「涼しい」との口コミを多数見かけます。

「ポリエステル」だから暑いのではなく、「ポリエステルは生地が薄い」から暑いというのが正しいようですね。

参照元:日傘の素材と涼しさの関係について【サンバリア100公式サイト】

まとめ

特別にこだわって作られた日傘じゃない限り、日傘の寿命は3年程度です。

余裕を持って1~2年で買い替えることをおすすめします。

また、日傘を選ぶ際は、
・シミ、そばかすを防ぎたいのか?
・暑さを軽減したいのか?
を明確にして選びましょう!

  • UVカット99%以上・遮光率99%以上などの具体的な数値の表示があるものを!
  • UPFも選ぶ参考に(UPF50+が最高値)
  • 遮光マークも参考に
  • 内側の色が濃い日傘を選ぶ

選ぶポイントをおさえれば、きっと、満足のいく日傘を選ぶことができるはず。

若い頃は日傘をデザインで選んでいた方が多いと思いますが、年齢とともに、日傘の機能にもこだわって選びたいものですね。

あなたにお気に入りの1本が見つかりますように。

芦屋ロサブランの購入レビュー

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です