バターコーヒーダイエットに挑戦!作り方や試した効果は?

バターコーヒーダイエットに挑戦!作り方や試した効果は?

先日、雑誌のダイエット特集を読んでいたら、バターコーヒーダイエットのことがかかれていました。

そういえば一時期話題になったなーと思い、読み進めていくと、「朝食代わりに飲むだけで速攻で2㎏減った」との声が。

簡単そうだし、コーヒー好きだし、やってみよう♪ということで、今更ですが「バターコーヒーダイエット」に挑戦してみることにしました!

作り方や飲み方、ギーで代用する際の方法など、詳しく解説していきますので、バターコーヒーを試してみたい方は参考にどうぞ。

私の体重の推移もご紹介します(*^^*)

バターコーヒーについて

バターコーヒーについて

ダイエットを始める前には下調べが肝心なので、バターコーヒーについて色々調べてみましたよ。

バターコーヒーとは

バターコーヒーとは、「コーヒー」「バター」「MCTオイル」を混ぜ合わせて作られたコーヒーのこと。

「完全無欠コーヒー」とも呼ばれ、

  • 集中力や記憶力のアップ
  • ダイエット
  • 満腹感を持続させる
  • 腸内環境を整える

などの効果を期待できると言われています。

ベストセラー本『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』をきっかけに、新たなダイエット法として一時期話題になりました。

この本です↓↓↓
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

それ以降、バターコーヒーの専門店もできましたし、一部のコンビニなどでも販売されるように。

芸能人やモデル、アスリート、セレブの中にも、愛飲している方が多いんですって。

話題になったのは結構前なのですが、つい最近も、長嶋 一茂さんが、毎朝バターコーヒーを飲んでいるとテレビで紹介されていました。

根強い人気が伺えますね~。

バターコーヒーの材料に期待できる効果

バターコーヒーに使用する材料の「効果」を調べてみましたよ。

コーヒー

コーヒー

コーヒに含まれる「カフェイン」が頭を冴えさせ、記憶力を高める効果があります。

また、「クロロゲン酸」というポリフェノールのおかげで、ダイエット効果、アンチエイジング効果、糖尿病の予防効果が期待できます。

グラスフェッドバター

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターには、カロテノイドや、ビタミンA、ビタミンEなど、アンチエイジングに欠かせない抗酸化成分がたっぷり。

また、豊富に含まれる「共役リノール酸」が 脂肪をエネルギーに変えるはたらきをサポートしてくれます。

その他にも、グラスフェッドバターに豊富に含まれる「酪酸」には、腸内環境を整えたり、免疫力をアップしたりする効果があるそうですよ。

参照元:TOMIZ

MCTオイル

  
MCTオイル

MCTオイルには、満腹感を持続させる効果が期待できます。

また、ケトン体※を早く生成することを促してくれるため、体脂肪の燃焼にも◎。

ダイエッターに嬉しい効果が満載ですね!

※ケトン体・・・からだの中で脂肪が変化して作られる物質

参照元:体脂肪がどんどん落ちる!?MCTオイルを使ったダイエットのメカニズム【ココいる】

バターコーヒーの飲み方

バターコーヒーを飲むタイミングは

  1. 朝食がわりに
  2. 食前に

飲むのが良いそうです。

朝食に置き換えて

ダイエット目的の方は、朝食がわりに飲むと良いです。

朝食をバターコーヒーにする事で、体脂肪を燃焼しやすい状態で1日をはじめられるんですって。

「バター」や「MCTオイル」には満腹感を持続する効果がありますし、血糖値の乱高下が起こらない為、集中力も持続するそう。

空腹だと仕事や勉強に集中できなかったりするため、この効果は嬉しいですよね。

食前に

ついついごはんを食べ過ぎてしまう方は、「食前」にバターコーヒーを飲みましょう。

バターコーヒーの「満腹感を持続する効果」のお陰で、余計に食べすぎてしまうのを防ぐことができるそうですよ。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方は、材料さえ揃えばとっても簡単。

雑誌で紹介されていた作り方をご紹介しますね!

①コーヒーをつくる(コーヒ豆15g・お湯250ml)

②グラスフェッドバター(15g)とMCTオイル(大さじ1)を加え、クリーマー(泡立て器)等でかくはんする。
クリーマーを上下させながら、30秒ほどしっかり混ぜる。

③バターとオイルがクリーミーになるまでしっかりと混ぜたら完成。
一度作ったバターコーヒーは、時間がたつと分離するので早めに飲みましょう♪

バターコーヒを作るポイントは、とにかくしっかりかくはんすること!

スプーンで混ぜるのではなく、このようなクリーマーなどを使う事が推奨されています↓↓↓
クリーマー

グラスフェッドバターをコーヒーに完全に溶かしきらないと、溶け残ったバターが脂肪になって体に貯蓄されてしまいます。

ダイエットのためにも、バターコーヒーの成分をしっかりと取り入れるためにもきちんと混ぜ合わせましょう。

1,000円以内でも、下記のような電動のクリーマー(泡立て機)が手に入るため、ダイエットにバターコーヒーを始めるなら一つ持っておくと良いかもしれませんね!

作り方を見ると、本当に簡単ですよね。

コーヒーを作って、材料を混ぜ合わせるだけなんですものね。

これならずぼらな私でも続けられそう(*^^*)

早速、明日から、バターコーヒーダイエットを始めたいので、スーパーに買い出しに行ってきます!

バターコーヒーはギーで代用できる?

バターコーヒーはギーで代用できる?

ギーでも代用可能

早速バターコーヒーダイエットを始めようと思い、近くのスーパーに買い出しに行ったところ、肝心のグラスフェッドバターがないっっ!

だけど、どうしても明日から始めたいので、スーパーをうろつくこと、数分。

「GHEE EASY グラスフェッド・ギー」と書かれた瓶を発見しました!

裏返してみると「バターオイル」と書かれています↓↓↓
バターオイル

ネット検索したところ、どうやら代用可能だったので、私はギーイージーで挑戦することにしました!

ギーを使ったバターコーヒーの作り方

ネットで、ギーを使ったバターコーヒーのレシピを検索。

すると、ギーとオイルの分量がサイトによって違う(゚д゚)!

はて、どうするかと思った矢先、瓶のふたにレシピがくっついているのが目につきました。

もしや?と思って開封してみたら、しっかりバターコーヒーのレシピも載っていましたよ↓↓↓
バターコーヒーのレシピ

ギーで代用する場合は、コーヒー150mlに対して、グラスフェッド・ギーとMCTオイルを各小さじ1杯です。

グラスフェッドバターを使用した場合と同様、しっかりクリーマー等でかくはんしてから飲みましょう。

ギーは常温保存できますし、バターを切り分ける手間もないので、ギーでバターコーヒーを作ったほうが楽ちんかもしれませんね。

レシピもわかった事だし、早速明日からバターコーヒーダイエットにレッツチャレンジ~♪

ちなみに、ギーが近くのスーパーに売っていない場合は、ネットでの購入が便利かもしれません。

バターコーヒーを実際に作ってみた

バターコーヒーを実際に作ってみた
翌朝、早速レシピ通りにバターコーヒーを作ってみました。

まずはコーヒーから。

我が家はコーヒーメーカーがないので、コーヒーはフレンチプレス※で作ります。

※フレンチプレス・・・簡単な手順で手軽にコーヒーを入れられる。日本では紅茶用のイメージが強いが、フレンチプレスでいれたコーヒーはコーヒー本来の味わいを楽しめると言われている。

私が今回使用するコーヒーはこちら↓↓↓
今回使用するコーヒー

豆をひくのは面倒なので、コーヒー粉で代用です。

フレンチプレスにコーヒーの粉を入れ、湯を少しいれてタイマーを4分にセットします↓↓↓。
フレンチプレスにコーヒーの粉を入れ、湯を少しいれて

30秒ほどたったら、お湯を追加して、蓋をして放置↓↓↓
湯を追加して

タイマーが鳴ったら、上の金属フィルターをゆっくり押し下げてコーヒーの、出来上がり↓↓↓
金属フィルターをゆっくり押し下げて

コーヒーをカップに移して、オイル・バターをいれて、クリーマーで混ぜていきます。

MCTオイルは日清のものを使用。

MCTオイルって無色透明なんですね~↓↓↓
MCTオイル

混ぜるときにこぼしてしまうと掃除が面倒なため、私はすすいだフレンチプレスの中で混ぜることに↓↓↓。
レンチプレスをすすいで

スイッチオン!↓↓↓
スイッチオン

出来上がり~♪↓↓↓
出来上がり~
クリーミーな泡が立っていますね。

早速、カップに移して飲んでみましょう。

バターコーヒーを飲んでみた

飲んでみた

味の印象は

バターの香りが以外と強めですね~。

試しに一口飲むと、まろやかな味が口のなかに広がります。

思ったよりも美味しいです。

これなら続けられそう。

バターコーヒー初日の感想

バターコーヒーを朝に飲んで、1日過ごした感想を。

きちんと歯磨きしたのに、結構長い時間、ギーの独特の風味が口に残りました。

しかも、午前中はなんだか胃がもたれて、ちょっと気持ちが悪かったです。

確かにお昼までお腹は空かなかったけどね・・・。

バターコーヒー2日目の感想

今日も朝食代わりにバターコーヒーを1杯飲んで出勤。

また胃もたれがします。

お腹は確かに空かないけど、続けられるかちょっと不安。

バターコーヒー3日目の感想

3日目。

慣れてきたのか、今日は胃の不快感を感じませんでした!

だけど、お腹はちょっと空きました(笑)

普段朝ごはんをしっかり食べていた私にとっては、バターコーヒーだけじゃ物足りないみたい(笑)

もうしばらく続けてみます!

バターコーヒーを10日ほど飲んでみて

お腹の空き具合について

朝ごはんを食べないことに慣れてきたのか、バターコーヒを飲んでいれば、さほど空腹を感じることはなくなりました。

昼食の時間まで、お腹が鳴ることもなく過ごせていますよ。

胃の不快感も全くありませんので、割と調子はいい感じ♪

体重の推移

体重の推移

10日ほど、バターコーヒーを朝食がわりにしましたが、体重はいまのところ変化なし。

毎日晩酌しているし、特に昼食や夕食で糖質制限していないからこんなものなのかな。

バターコーヒーダイエットは朝食代わりに1杯のみ、昼と夜の糖質を控えると脂肪燃焼しやすい体に変わるらしいので、やっぱり、糖質控えなきゃダメかな~?

でもそれじゃ、普通の糖質制限ダイエットとあまり変わらないですよね・・・。

ひとまず私は「朝食代わりにバターコーヒーを飲むだけ」でもうしばらく続けてみます!

体重の推移についてはまた追記しますね!

ちなみに、オイルのお陰か、今のところお通じは良好ですよ♪

【追記】バターコーヒーを1ヶ月ほど飲んでみて

1ヶ月ほど試してみましたが、確かに体重は減少しています!

体重管理アプリによると、週の平均値が確実に下がっていっています↓↓↓
体重の変化

最近は、平日だけバターコーヒーにして、休日は朝ごはんをしっかり食べてしまっていたのですが、それでも体重が減っていることに驚き(゚д゚)!

運動もしていないのに、すごいですね~。

2kgも3kgも痩せたわけではありませんが、50kgに突入していない日が続いているので、嬉しい限り。

お手軽だし、バターコーヒーダイエット、もうしばらく続けようと思いました。

まとめ

バターコーヒーは、毎朝1杯飲むだけで、ダイエットや、集中力のアップ、腸内環境の改善に効果が期待できます。

試してみたところ、私も少しづつですが体重は減少しています。

とても手軽なダイエット方法なので、興味がある方は試してみると良いかもしれないですね!

ちなみに、お通じに関しても良好です。

コーヒーメーカーを持っていない方は、フレンチプレスがお値段もお手頃で便利ですよ~♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です