ツヤ、薄毛、アンチエイジングに!ブラッシングの凄い効果

ツヤ、薄毛、アンチエイジングに!ブラッシングの凄い効果
「ブラッシングをすると良い」と聞いたことがありませんか?

だけど、なぜブラッシングをした方が良いのか、詳しい理由までは知らない方も多いのではいでしょうか。

そこで、このページでは、

  • ブラッシングをするとどんな効果があるのか
  • どのタイミングでブラッシングすれば良いのか
  • あなたに合うブラシの選び方
  • ブラッシングの正しいやり方

まで、ブラッシングについて詳しくお伝えしていきます!

是非ご覧になって、早速今日からブラッシングを取り入れてみてくださいね。

ブラッシングの効果

ブラッシングの効果
ブラッシングの役目は、大きく3つ。

  1. 頭皮、髪の洗浄
  2. 頭皮の血行促進
  3. 髪の毛のツヤを出すこと

です。

そのため、ブラッシングをすることにより、薄毛、抜け毛を予防したり、顔のリフトアップをしたり、見た目年齢を若くするなどの嬉しい効果が期待できます!

詳しく見ていきましょう!

頭皮、髪の洗浄

汚れやホコリを落とす効果が

ブラッシングには、汚れを落とし、頭皮や髪を清潔に保つ働きがあります。

一日の終わりには、ホコリやゴミ、整髪料、フケなどにより、髪や頭皮が想像以上に汚れているもの。

シャンプーだけでは、これらの汚れを落としきれない場合があり、臭いやダメージの原因になってしまいます。

シャンプー前にブラッシングをすることによって、その後のシャンプーで、しつこい汚れもきちんと落とすことが可能になります。

シャンプーをしない日にも、ブラッシングだけは行うことをおすすめします!

髪・頭皮・財布にやさしい

ブラッシングは、髪・頭皮はもちろん、お財布にも優しいというメリットがあります。

ブラッシングをすると、髪のもつれや絡まりをほぐすことができますよね。

すると、シャンプーをした時にシャワーが頭皮まで届きやすくなり、しっかりと髪、頭皮が濡れるため、シャンプーの泡立ちが良くなります。

泡立ちが良くなれば、少量のシャンプーでもしっかりと毛穴の奥まで汚れを落とせます。

シャンプーを大量に使うと、トラブルの原因にもなるため、髪や頭皮の健康のためにもブラッシングはおすすめです。

それだけでなく、少量のシャンプーで済むのでお財布にも優しいですね(*^^*)

髪の健康のためにも、家計のためにも是非ブラッシングを取り入れてみてください。

頭皮の血行促進

頭皮の血行促進
ブラッシングをすることで、頭皮のマッサージになり、血行を促進してくれます。

頭皮の血流がよくなるので、薄毛・抜け毛予防や顔のたるみ予防などの嬉しい効果が期待できます。

薄毛・抜け毛予防

抜け毛や薄毛の原因の1つに、「加齢による血流の低下」があげられます。

加齢によって頭皮が硬くなり、血流が悪くなると、髪の成長に必要な酸素や栄養分が毛根に届きにくくなります。

十分に栄養が供給できないと、髪の毛のハリやコシがなくなり、抜けやすくなってしまうため、ブラッシングで血流を良くすることは抜け毛や薄毛の予防になります。

顔のたるみ防止にも

ブラッシングは、顔のたるみやくすみにも効果的です!

頭の筋肉は、顔の筋肉と違い、意識的に動かすことが難しいですよね。

そのため、とてもこり固まりやすい部分なのです。

頭皮がこり固まると、血流が悪くなり、筋肉のハリが失われますので、頭皮と一枚の皮で繋がっている、額やまぶた、さらに顔全体のたるみの原因になってしまいます。

頭皮のこりをブラッシングによってしっかり揉みほぐし、血行を促すことができれば、筋肉にハリがでて、頭皮が引き上がります。

その結果、顔もリフトアップ!!!

血行もよくなるのでくすみも消えるし、ほうれい線の改善にもなりますよ。

ブラッシングには女性に嬉しいメリットがたくさんあるのですね(*^^*)

お肌のアンチエイジングを意識し始めたらブラッシング習慣を取り入れることをおすすめします。

ご自分の頭皮のこり具合をチェックしてみたい方はこちら

髪の毛のツヤを出すこと

ブラッシングをすることにより、髪の毛のハリやツヤが格段に良くなります。

私たちの頭皮には、「皮脂」という天然の潤い成分が備わっています。

ブラッシングで、その頭皮の脂が毛先まで行き渡るため、ツヤツヤした髪を作ることができるのです。

髪のパサつきは、老けてみられる原因の一つ。

毎日のブラッシングで髪にツヤがでれば、見た目年齢を若くすることにもつながりますよ。

老けて見える人と若く見える人の違いとは?

ブラッシングはいつするの?

ブラッシングはいつするの?
せっかくブラッシングするのなら、効果をより高めたいですよね!

どのタイミングがブラッシングに適しているのかを調べてみたところ、オススメのタイミングは

  1. スタイリングする前
  2. シャンプー前
  3. 寝る前

なようです。

スタイリングの前

髪をスタイリングする前にブラッシングをすることで、寝ていた時に絡まった髪をほぐして、スタイリングしやすい状態にリセットしてくれます。

ヘアスタイルが決まりやすくなりますよ♪

また、ヘアアイロンをしたり、髪を結んだりするときに髪が絡まった状態だと、切れ毛やダメージの原因に。

髪の毛のダメージを進行させないためにもスタイリング前は丁寧にブラッシングをしましょう。

シャンプー前

シャンプー前に、念入りにブラッシングをすることで、髪に付いたホコリや汚れをしっかりと取り除いてくれます。

ブラッシングと水洗いで汚れの8割は取れるんだとか。

その後のシャンプーの泡立ちもよくなるので、洗浄効果もアップ!

気になる頭皮の臭い対策としても◎ですよ。

参照元:NHKライフ

寝る前

毎晩、寝る前のブラッシングは、育毛、薄毛対策として有効です。

頭皮のマッサージ効果によって血流が良くなるため、育毛効果がアップします。

また、適度な刺激が頭皮に伝わっていくことで、副交感神経に働きかけるので、安眠を促進するそうですよ!

質の良い睡眠は美の秘訣。

髪のためにも肌のためにもおすすめの時間帯ですね。

ダメなタイミングは?

ダメなタイミングは?

朝起きてから30分以内

朝起きてから30分以内のブラッシングはタブーなんだとか。

起きてから30分は毛穴が開いているため、ブラッシングをしてしまうと、丈夫な髪にまで悪影響を与えるそうですよ!

朝のスタイリングは、起きてから30分以上時間をあけてからにしましょう!

髪が濡れているとき

髪が濡れているときのブラッシングもタブーです。

髪が濡れている時は、キューティクルが開いた状態なので、ブラッシングすると、髪を傷つけてしまいます。

せっかくブラッシングするのなら、正しいタイミングで、キレイな髪を保ちましょう。

あなたに合うブラシの選び方

>あなたに合うブラシの選び方

ブラシの形状

ブラシには色々な種類があり、種類によって効果は様々です。

一般的なブラシの特徴をまとめてみましたのでご自分に合いそうなブラシをチョイスしてくださいね。

ブラシの形状 特徴 おすすめな人
ベントブラシ
(スケルトンブラシ)
アマゾンで買う
・ブラシの目が粗く、すき間があいている
・手ぐしに近い感触で髪をとかせる
・髪との摩擦が発生しにくく、静電気が起こりにくい
・ブロースタイルを整えやすい
・髪が絡まりやすい人
・ダメージヘアの人
・毛量が多い人
・パーマヘアの人
ハーフブラシ
(デンマンブラシ)
アマゾンで買う
・ブラシ部分が半円状に盛り上がっている
・髪をしっかりとかすことができる
・髪のボリュームを落ち着かせたりする場合に効果的
・髪質がストレートの人
・髪が絡まりやすい人
・髪をボリュームダウンさせたい人
パドルブラシ
アマゾンで買う
・ブラシ面積が広く、短時間でブラッシングできる
・クッション性が高く、頭皮マッサージ用にも向いている
・抜け毛予防、育毛、頭皮ケアなどに効果的
・ブラッシングに時間をかけたくない人
・抜け毛、薄毛が気になる人
・頭皮マッサージをしたい人
クッションブラシ
アマゾンで買う
・ブラシ部分のクッション性が高く心地よい弾力がある
・ブラシの中央が盛り上がり、髪や頭皮に当てやすい
・髪についたゴミを取り除きやすい
・髪をまとめる時に使いやすい
・頭皮マッサージにも適している
・切れ毛・枝毛が気になる人
・髪質が柔らかい人
・髪にツヤを与えたい人
・頭皮マッサージをしたい人

今お使いのヘアブラシがある方は、自分の求める目的に合っているのかチェックみましょう。

ブラシの素材

ブラシの形状だけでなく、ブラシの毛(ピン)の素材にもこだわると尚よしです!

素材ごとの特徴は以下の通りです。

毛(ピン)の種類 特徴
ナイロン製 ・水洗いできるため、ブラシを清潔に保てる
・安価で購入できる
・静電気が起きやすく、乾燥している時期には髪の毛にダメージを与える恐れあり
木製 ・静電気が発生しないので、髪の毛が絡まりやすい方やエクステを着用している方おすすめ
・頭皮を傷つけにくく、薄毛や抜け毛を気にしている方にも○
獣毛製 ・弾力性があり、頭皮を傷めず、しっかりととかしてくれる
・静電気が起こりにくく、油のなじみもよいため、髪にツヤを出す効果がある
・程よい硬さと弾力性で、頭皮の血行をよくして新陳代謝を高める効果が期待できる
セシオン製 ・マイナスイオン効果でキューティクルの改善が得られ、髪にツヤが出る
・遠赤外線も放出するため、血行促進、薄毛予防へも効果的

毛の種類にまでこだわれば、ブラッシング効果を最大限まで高めることができるでしょう。

ブラシといっても価格はピンきり。

ぜひ、ご自分の目的、予算に合わせたお気に入りの一本を見つけてくださいね。

何本か持っていると便利

ちなみに私が愛用しているブラシは3本あって、デンマンブラシとクッションブラシ、スケルトンブラシです。

違う種類のブラシを併用すれば、余すことなく効果を取り入れられるかなという、欲張りな気持ちからです(笑)

  • シャンプー前の汚れている時・・・クッションブラシ
  • 寝る前・・・デンマンブラシ
  • ブローする時・・・デンマンブラシとスケルトンブラシ

という使い分けをしています!

ブラシを何本か持っておけば、違う効果を得られるだけでなく、衛生面でも良いと思います。

ブラシに汚れがついたままブラッシングをするのは、自分の髪の毛に雑菌を増やしていることになりますからね。

ブラシが汚れてきたと思ったら、洗面器に水やぬるま湯を入れて洗剤でブラシを振り洗いしてくださいね♪

正しいブラッシングの方法

正しいブラッシングをしなければ、かえってダメージの原因になってしまいます。

この段落では、正しいブラッシングの方法をご紹介していきますね。

ブラッシングの手順

1.毛先をとかしてから根本へ

1.毛先をとかしてから根本へ
いきなり根本からブラッシングすると、抜け毛や切れ毛を招いたり、毛根にダメージを与えてしまう可能性があります。

まずは、毛先からとかし、もつれをほぐしていきます。

その後、中間から毛先、根元から毛先へと、段階を踏んでブラッシングしていきます。

2.登頂部へ向かってブラッシング

2.登頂部へ向かってブラッシング

続いて、顔まわりから頭頂部へ、えり足から頭頂部へと、頭皮を優しくマッサージするようにとかし上げます。

後頭部は、頭を少し下に向けるようにするとブラッシングしやすいですよ。

ブラッシングの際の注意点

力加減とスピードについて

力の加減とスピードは、「優しくゆっくり」がポイントです!

力いっぱいとかすと、髪や頭皮を傷つけかねません。

ゆっくりとやさしく、頭皮の上を滑らせるようにしてヘアブラシを動かすようにしてください。

必要以上のブラッシングはNG

頭皮マッサージの効果があるからといって、必要以上にブラッシングを繰り返すのはやめましょう。

頭皮を痛めてしまったり、髪のキューティクルをはがしてしまいます。

一日のブラッシング回数は、数回から多くても十回程度にとどめておきましょう。

まとめ

ブラッシングは髪の毛のツヤを出すだけでなく、薄毛、抜け毛や臭い対策としても有効です!

是非生活に取り入れて、髪の美しさを手にいれましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です